価格や相場について調べて理想の住宅づくりを目指す

建設会社の選び方で物件の質が変わる

不動産関連の資格

短答試験対策について

不動産鑑定士試験は不動産系資格の最高峰で合格率が2%程度と非常に難関な資格の1つです。試験は1次試験である短答式試験と2次試験である筆記式試験があります。短答式試験に合格しないと筆記試験は受験できません。短答式試験の試験科目は行政法規と鑑定理論の2科目です。行政法規は不動産に関するルールについて問う科目で、宅建試験受験経験者であれば抵抗はありません。しかし難易度は宅建よりも難しいので勉強法を少し工夫する必要があります。宅建試験であれば過去問を繰り返して暗記する勉強法で良いのですが、不動産鑑定士試験ではその勉強法では対応できません。過去問や予想問題を解いてその時に解説にかかれている内容を理解することが必要です。

鑑定理論試験への対策について

不動産鑑定士1次試験のもう1つの試験科目である鑑定理論は2次試験科目でもありますし、不動産鑑定士の実務でも使うものなので非常に重要です。1次試験でしっかり勉強しておけば2次試験では他の科目に時間を割くことが出来ます。よく鑑定理論の基準の暗記が重要と言われますが、短答式ではあまり必要ありません。基準に書かれている内容・意味について理解することが大切です。基準を自分の言葉で説明する訓練をすると良いです。そうすれば短答式試験に対応する力がつきます。また計算問題も出題されますので練習が必要です。これらは過去問や予想問題集を繰り返して練習すると良いです。短答式試験の合格率も20%程度と決して高くはないため十分な試験準備が必要です。

Copyright(c) 2015 価格や相場について調べて理想の住宅づくりを目指す. All Rights Reserved.